お知らせ販促

ベストプリントの動画作成サービス

ベストプリントの動画作成サービス

29,800円からのお手軽価格で最大30秒のオリジナル動画を作ることができます。

既存素材を活用して大幅コストダウン

動画広告制作費の相場は40〜80万円位といわれています。
テレビCMなんかをイメージすると何百万〜数千万円もかけているCMがたくさんあり、動画を依頼するのはハードルが高いと思っている人は多いと思います。

しかしSNSの普及により広告動画・PR動画の需要が高まり、もっと手軽な価格で動画制作を依頼できる会社が増えていますのでご安心ください。

「簡単なものでいいんだけど動画作成を依頼するのはハードルが高いと感じてしまう。」ベストプリントの動画作成サービスなら3万円以内で動画が作れます。

ベストプリントの動画作成サービスは新たに撮影するのではなく、お持ちの写真や動画を活用することで大幅なコストダウンを実現しました。

パッケージの範囲以内であれば、29,800円で動画が作れます。追加費用は一切ありません

完成した動画はSNSでシェアしたり、ウェブサイトのコンテンツとして・営業ツールとして・イベントコンテンツとして、様々な場面でお使いいただけます。

こんな時に便利な動画作成サービス

  • 商品の簡単な紹介動画を作りたい
  • 会社のプレゼンテーション動画が欲しい
  • YouTube広告用の15秒動画を作りたい
  • 新メニューをSNSに動画で載せたい
  • 写真なrあるけど動画を撮ったり編集できるスタッフがいない

動画を作るということは、それだけで「よりおすすめしたい商品である」というアピールにも繋がります。

静止画のバナー広告だけでなく動きのある広告を載せてると「お金かけてるな」とか「力を入れてるな」と思いますよね。

基本パッケージ

尺(動画の長さ) 最大30秒
画角フォーマット 16:9/スクエア/たて画面の中からどれか1つ
素材 写真または動画素材をご支給ください ※最大5点まで(写真3つ、動画2つなどでもOK)
テロップ原稿 ご支給ください ※最大5点まで(1テロップ最大3行、1行あたり日本語10文字、英語18文字まで)
BGM 当社にて選定
変更修正 1回のみ

動画作成をご検討の方はぜひベストプリントの動画作成サービスをチェックにしてみてください。

ベストプリントの動画作成サービス

 

動画作成を依頼する前に決めておきたい3事項

動画作成依頼をする際、よりイメージ近いものを作ってもらうために事前の準備が大切です。

事前にしっかりと希望を伝えておかないとイメージと違う仕上がりになり、余計な費用がかかったり納期が遅れたりしてしまう場合があります。

大切なのは

イメージの共有

です。

なんとなく「こういう動画を作りたい」というイメージがあっても、それを伝えるのがなかなか難しかったりしますよね。
今回は最低限事前に決めておくべき項目をご紹介します。これを制作会社にしっかりと伝えることでより質の高い動画を作ることができます。

動画作成前に決めておくべきこと1【目的】

どんな目的で動画を作るのかを明確にしておきましょう。

YOUTUBE広告、SNS広告、自社サイトに埋め込む商品紹介などどこで使うかも大切ですが、ここでいう目的の重要なところは動画を観た人にどうしてほしいかという点です。

商品紹介の動画でも

  • 集客(買ってもらう)
  • 認知(知ってもらう)
とで目的が異なれば動画の内容も変わってきます。

また認知も

  • 商品認知(商品を知ってもらう)
  • 企業認知((こういう商品を作ってる)企業を知ってもらう)
とで動画の構成は変わってきますよね。

動画作成前に決めておくべきこと2【予算】

予算を明確にしておくことで、制作会社は予算にあった提案をしてくれます。

予算を明確にしておかないと、修正に追加料金がかかって完成したときに思ったより費用がかさんでしまったなんてことも。

ベストプリントの動画作成サービスなら費用は29,800円だけ。パッケージの範囲以内であれば、追加費用は一切ありません

動画作成前に決めておくべきこと3【納期】

いつから動画を使うかで納期が決まります。
納期は修正や変更に対応できるよう余裕をもって設定しておきましょう。

動画作成前に決めておくべきこと【その他】

  • 配信媒体
  • 動画の長さ
  • ターゲット
  • 参考動画

も重要です。

配信媒体によって動画の長さや画角も変わってきますので、しっかりと伝えておきましょう。

今回の記事がお役に立てれば幸いです。

ベストプリントの動画作成サービス

ベストプリントスタッフ

ベストプリントスタッフ。印刷やデザインについて役に立つ情報をご紹介していければと思っています!
Back to top button