印刷豆知識

オンデマンド印刷・オフセット印刷の見た目の違いは?

「オンデマンド印刷」と「オフセット印刷」の見た目の違いを比較しました。

一言で「オンデマンド印刷」「オフセット印刷」といっても、オンデマンド印刷の中にも「トナー印刷」や「インクジェット印刷」とさまざまな印刷方式があります。

今回はチラシ・フライヤー印刷でよく用いられる次の印刷方式で比較しました。

  • オンデマンド印刷・・・トナー印刷
  • オフセット印刷・・・枚葉機印刷(平台印刷)

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いは「刷版」を使うか使わないかです。

オンデマンド印刷

  • 「刷版」を使わない印刷
  • 少部数が得意
  • 大部数は割高になる

オンデマンド印刷は「刷版」を使わずに印刷データを直接デジタル印刷します。
「刷版」を使わないことで必要な分だけすることができます。
1部にかかる印刷代はオンデマンド印刷の方が高額ですが、製版代がかからないた分少部数ではオンデマンド印刷の方が割安になります。しかし大部数になるとオフセット印刷より割高になってします。

下記の記事でオンデマンド印刷について詳しく紹介しています。合わせてご覧ください。

オフセット印刷

  • 「刷版」を使う印刷
  • 大部数が得意
  • 少部数は割高になる

オフセット印刷は「刷版」を使って印刷します。「刷版」を使うことで安く大量に印刷することができます。しかし「製版」の費用がかかるため少部数の場合、製版代分割高になってしまいます。

オンデマンド印刷とオフセット印刷【印刷工程の違い】

オンデマンド印刷の納品までの流れ

  1. 注文
  2. データ入稿
  3. 印刷
  4. 加工
  5. 納品

オンデマンド印刷は「製版」がない分、オフセット印刷より工程が少なくなっています。

オフセット印刷の納品までの流れ

  1. 注文
  2. データ入稿
  3. 製版
  4. 印刷
  5. 加工
  6. 納品

オフセット印刷は「製版」がある分、オンデマンド印刷より工程が多くなっています。

オンデマンド印刷とオフセット印刷「見た目の違い」

(※今回オンデマンド印刷のトナー方式とオフセット印刷で比較をしています。トナー方式はチラシ・フライヤー印刷で定番のオンデマンド印刷です。)

オンデマンド印刷

  • トナーを用紙表面に圧着する
  • 用紙の中にはインキは染み込んでいない
  • トナーが乗っている部分は光沢が出る
  • 白地部分と印刷部分の用紙の質感が変わる
  • 細部の表現は若干劣る(モアレなどが出る)

オフセット印刷

  • インキを用紙表面に染み込ませる
  • 用紙の質感がほとんど変わらない
  • 細部まできれいに印刷できる

下の写真をよく見ると

  • オフセット印刷・・・輪郭がくっきり
  • オンデマンド印刷・・・輪郭が若干ぼやけた印象

となっています。

これぐらい拡大すれば違いがわかりますが、細かい部分を見比べないと違いはほとんど分かりません。

見た目の違いはインキの違い『トナーと枚葉インキ』

オンデマンド印刷(トナー方式)は『トナー』

  • トナーという着色用の粒子を用紙の表面に圧着して色を表現。
  • オフセット印刷と異なり、インキが用紙に染み込んでいない。
  • トナーはテカリが出る
  • トナーが乗っている部分の用紙の質感が変わる

オフセット印刷は『枚葉インキ』

  • インキを用紙表面に染み込ませる
  • 用紙表面の質感はほとんど変わらない
  • 用紙の質感を重視する場合はオフセット印刷がおすすめ

オンデマンド印刷とオフセット印刷の印刷した用紙を破り断面を比較して見ると、オンデマンド印刷は用紙が染まっておらず、オフセット印刷は用紙表面が染まっていることが分かります。

印刷用紙によって見た目が違う

  • コート紙など「コーティング加工されている用紙」ではほとんど違いはわからない
  • 上質紙など「非塗工紙」では色が乗った部分の質感が変わる
  • 用紙の質感を重視する場合は「オフセット印刷」がおすすめ

トナーはテカリが出るという特徴があります。

コート紙など用紙そのものに光沢のある場合、オンデマンド印刷とオフセット印刷で比較しても違いはほとんど分かりません。

非塗工紙の場合、白地の部分は光沢がなくトナーが乗っている部分に光沢(テカリ)が出るため、白地と印刷部分で用紙の質感に違いが出ます。

見た目以外のオンデマンド印刷の注意点

見た目以外にオンデマンド印刷にはいくつか注意した方がいい点があります。

注意点は「トナーが剥がれる場合がある」という点です。

  • レザックなど凹凸のある用紙はトナーが剥がれる場合がある
  • 折加工を施すとトナーが剥がれる場合がある

コート紙など表面がツルツルした用紙は、トナーがしっかりとくっつくため剥がれる心配はほとんどありません。
しかしレザックなど凹凸のある用紙は、凹んだ部分のトナーのつきがあまく、擦れや摩擦によってトナーが剥がれてしまうことがあります。

オンデマンド印刷の場合は、表面の凹凸が少ない用紙をおすすめします。
逆に、レザックなど凹凸のある用紙はオフセット印刷をおすすめします。

細かく見ると違いはあるけど『気にしなければ気にならない』

オンデマンド印刷はオフセット印刷より品質が劣ると言われています。

細部の表現をよく見てみるとオンデマンド印刷はモアレが生じることがあり、きれいな仕上がりを優先する場合はオフセット印刷がよいとされています。

しかしオンデマンド印刷の性能は、オフセット印刷に引けを取らないくらい向上しています。

印刷を注文するとき「だいたいデザイン通りになれば大丈夫」「多少色味が変わっても問題ない」と考える人は少なくないと思います。

筆者も時々印刷を注文する機会がありますが、増刷のときは多少色味が変わっても問題ないと思っていますし、細かく見比べることもないので普通にきれいに印刷されていれば全く問題ありません。仕上がりの美しさよりも「値段」「納期」「使う分だけの部数」という点を重視して、オンデマンド印刷・オフセット印刷を使い分けています。

「オフセット印刷の方がきれい」と言われてしまうとオンデマンド印刷の仕上がりが心配になってしまいますが、オンデマンド印刷もオフセット印刷に負けないくらいきれいに仕上がります。

まとめ

以上、オンデマンド印刷・オフセット印刷の見た目の違いをご紹介しました。

ベストプリントではオンデマンド印刷とオフセット印刷の違いを見比べることができる印刷サンプルをご用意しています。ぜひ印刷の質をお手にとってご確認ください。

 

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

オンデマンド印刷・オフセット印刷の見た目の違いは?

見た目に大きな違いはありません。細い線や細かい再現性はオフセット印刷の方が勝る。

オンデマンド印刷とオフセット印刷を見分ける方法はありますか?

オンデマンド印刷(トナー印刷)は用紙の表面にトナーを圧着させるため、色がついている部分は用紙の質感が若干異なります(テカリが出る)。特に非塗工紙は違いがわかりやすい。

オンデマンド印刷とオフセット印刷どのように使い分ければいいですか?

少部数は「オンデマンド印刷」大部数は「オフセット印刷」がおすすめです。

ベストプリントスタッフ

ベストプリントスタッフ。印刷やデザインについて役に立つ情報をご紹介していければと思っています!
Back to top button