印刷デザイン

30分でできちゃう!レストランポスターの印刷用データをCanvaで作ろう!

ランチメニューやモーニングメニュー、新メニューの案内など、店内での告知にぴったりなポスター。Canvaを使ってデザイン作成から印刷発注まで30分で完了!

忙しい飲食店の方に!簡単にデザイン作成ができる『Canva』で、お店のポスターを作ってみませんか?

デザイン〜印刷用データ保存〜印刷発注までを30分で完結する方法をご紹介いたします。

無料で簡単に作れる!忙しい飲食店の方におすすめのCanva

無料かつブラウザ上で簡単にデザイン作成ができるサービスCanva(キャンバ)を使います。

飲食店のポスターのデザインにCanvaがおすすめな理由

  • よく使うサイズ(A2サイズ)がすでに用意されている
  • ポスター用のテンプレートが充実している
  • サイズの大きい印刷用データでもサクサク編集できる

Canvaの基本情報は過去の記事からおさらいしましょう!

飲食店におすすめ!Canvaで時短&簡単デザイン ショップカード編

デザインを始める前にやっておきたいこと

5W1Hを元に掲載内容を決めよう

ポスターに掲載する内容を、メモ帳などにリストアップしておきましょう。『5W1H』をもとに考えると、後で「これも書いておくべきだった!」という後悔が少なくなります。

新しくモーニングメニューが始まることを告知したいなら…

  • When(いつ) 開始日は?…10月29日(土)から
  • Where(どこ) どのお店で?…ベスプリ食堂で
  • Who(誰)  誰が対象?…9時〜11時の間に来店したお客様
  • What(何) 何が始まるの?…時間限定のモーニングメニューが開始

今回はなくてもOK!だけど追加すると効果的な項目

  • Why(なぜ) …『ハロウィンフェア』や『開店記念キャンペーン』などの場合はこのフレーズも入れておくといいでしょう。
  • How(どのように)  …限定セールなど、参加条件などがあれば記載しておきましょう。『学生証を提示する(学割)』『クーポンを持参する』『アンケートにご協力いただく』など

文字情報だけでなく画像を用意しよう

文字情報が決まったら、どの写真を使うか?も検討しておきましょう。

発注予定の印刷会社に確認しておこう

印刷用データには必ず『トンボ』というマークが必要になります。この『トンボ』にも種類があり、Canvaで作った印刷用データは『西洋式トンボ』になります。

印刷会社によっては『日本式トンボ』でないと受付できない場合もあるので、事前に「Canvaで作った『西洋式トンボ』のデータで注文できますか?」など問い合わせをして確認しておくと安心です。

モーニングメニューの紹介ポスターを作ってみよう

それでは早速、『レストランのモーニングメニューを紹介するポスター』の印刷用データを作ってみましょう!

Canvaを開こう

何はともあれまずはCanvaを開きましょう!

会員登録がまだの方はこちらの記事をご参照ください。

【2022年版】初心者でも簡単にデザインが作れるCanvaの使い方(PCブラウザ版/基礎編)

2022年版】初心者でも簡単にデザインが作れるCanvaの使い方(スマホアプリ版/基礎編)

ポスターサイズのキャンバスを作成しよう

Canvaは「あとでキャンバスサイズを変える」という動作ができません。最初にしっかりサイズを確認し、キャンバスを作成しましょう。

今回は店内に貼るポスターなので、少し小さめのA2サイズ(420×594mm)で作成します。

右上の『デザインを作成』ボタンをクリックした後、検索窓に『ポスター』と入力します。候補に表示される『ポスター(縦)42×59.4cm)』をクリックしましょう。

クリックすると、真っ白なキャンバスが表示されます。

それでは、これからこのキャンバスにデザインしていきましょう!

テンプレートを選ぼう

「デザインしていく」といっても、すべてをゼロから作る必要はありません。

Canvaに用意されているテンプレートからイメージに合うものを選んで『少しだけ変える』という方法で作成していきます。

お店の雰囲気に合ったテンプレートの選び方

テンプレートが多すぎて探すのが大変!という方は、お店の雰囲気に合った色のテンプレートをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

色とフォントの組み合わせによって、お客様からの印象が変わってきます。

高級感を出したいなら…
色使い 黒、ネイビー、バーガンディなど暗い色と

金銀を合わせる

文字サイズ 小さめに掲載
フォント(文字の形) 明朝系(セリフ系)
柄、イラストなど 細い曲線を使った模様

カジュアルなイメージなら…
色使い 赤・黄色・緑など明るくはっきりした色
文字サイズ 大きめがおすすめ
フォント(文字の形) 手書き風、曲線を使った文字
柄、イラストなど ドット柄や角丸など『丸』を使った装飾

写真や模様を斜めにしたり、不規則に配置

ナチュラルなイメージなら…
色使い 緑・茶色・白など
文字サイズ 小さめに掲載
フォント(文字の形) 細めの文字
柄、イラストなど 手書き風のイラスト、クラフト紙のような柄など

ワード検索を使ってみよう

左側の『テンプレート』をクリックし、『food』『cafe』『restaurant』などの単語を入力して検索してみましょう。すると、検索結果に飲食店向けのテンプレートが表示されます。この中から、お店のイメージに合うものを選んでみましょう。

今回は『モーニングメニューの紹介用ポスター』なので『breakfast』と入力してみます。

今回はこちらのテンプレートを使っていきましょう!

文字を打ち換えよう

テンプレートに最初に記載されている文章はすべて架空のものです。画像もフリー素材のものが使用されているので、これらをご自身の店舗の内容に差し替えていきます。

まずは文字から更新していきましょう!

書き換えたい文字をダブルクリックすると、紫色の枠が表示されます。この状態で文字を打ち替えることができます。

『Borcelle Bakery』と表示されていたとろを『ベスプリ食堂』という文字に打ち替えたところです。

同じように、他の文章も更新していきましょう!

どこにどの情報を入れる?情報の優先順位

テンプレートの中のテキストの大きさはさまざまで、どの文字にどの情報を入れるか?に迷ってしまったら文字の大きさ=伝えたいことの優先順位というルールで決めてみましょう。

  • 一番大きい文字 = 一番伝えたいこと
  • 一番小さい文字 = 既に伝わっていることを改めて記載しておくこと

今回は『モーニングメニューが始まること』『開始日』『メニュー詳細』を大きい文字で掲載し、『お店の名前』『お店の場所』は小さい文字で掲載しています。

画像を入れ替えよう

文字の打ち替えが終わったら次は画像の差し替えです。

まずは、掲載したい画像を『アップロード』します。画面左の『アップロード』をクリックしましょう。

次に、『こちらにメディアをドラッグしてアップロードするか、アカウントに紐付けてください。』という点線で囲われたエリアに、使いたい画像をドラッグしましょう。

今回のテンプレートでは、画像を使う箇所が2箇所あるので、2種類の画像を用意します。

それではこの画像を、キャンバスの画像に差し替えていきましょう。

まずはキャンバス左下の画像。『アップロード』欄に表示された画像をクリックしたまま、差し替えたい箇所にドラッグして重ねます。すると、表示範囲は縦長のままで、画像のみが入れ替わります。

画像は入れ替えられましたが、お皿が少し右に寄ってしまっています、せっかくですので、お皿が真ん中に来るよう、位置や大きさを調整していきます。

画像をダブルクリックすると、画像のサイズや表示位置を変えられるようになります。

クリック&ドラッグし、ここが一番おすすめ!な部分を見せられるよう調整しましょう。

今回は『フルーツたっぷり!』感をオススメするため、フルーツ部分をクローズアップした構図でトリミングしました!

画像のトリミングのコツ

同じ写真でも、トリミング位置によってはお客様からの印象が変わってきます。トリミング位置に迷ったら、写真のどこを目立たせたいか?を考えてみましょう。

例えばこんなトリミング
  • メニューの種類が多いことをアピールしたいなら…さまざまなメニューが写っている写真をそのまま使いましょう!
  • 特におすすめのメニューがあるなら…そのメニューが中央に来るようトリミングしましょう!
  • ドリンクセットなど、他にも推したいものがあるなら…おすすめメニューとドリンク両方が入るようトリミングしましょう!

次は右上の画像を差し替えていきます。同じように、『アップロード』から使いたい画像をクリックし、そのまま差し替えたい場所にドラッグして重ねます。

こちらも、一番推したい部分を見せられるように構図を調整します。

ふたつのデニッシュを大きく見せる構図になりました!

デザイン完成!

文字と画像の差し替えが終われば、デザインは完成です。お疲れ様でした!

ここまで30分、慣れれば15分程度でデザインを作れるので、忙しい飲食店の方にぴったりです。

(『テンプレートを選ぶ時間』を考えるともう少しかかってしまうかもしれませんが…!)

印刷用データとしてダウンロードしよう

それでは、印刷通販で注文できる形式でダウンロードしましょう。

右上『共有』ボタンから、『ダウンロード』をクリックします。

データ形式を選択します。今回は印刷用データですので『PDF (印刷)』を選びましょう。

『トリムマークと塗り足し』『PDFのフラット化』の両方に、忘れずにチェックを入れます。

最後に紫色の『ダウンロード』ボタンをクリックすると、ダウンロードが始まります!

ダウンロード中の画面はこちら!

保存するときは、好きな名前をつけて保存できます。

保存場所がどこになっているかも忘れずに確認しておきましょう。

ダウンロードしたデータを開いてみよう

ダウンロードしたPDFファイルを開くとこのようになっています。

一見普通のデータに見えますが、四隅を拡大してみると…

四隅には『トンボ』という黒い線が縦横に入っています。

この『トンボ』がないと印刷工程に支障が出てしまうため、印刷注文するときはこの黒い線を含めてデータを送りましょう。

また、『トンボ』には日本国内基準のものと、海外基準のものがあります。Canvaで作ったデータでは『西洋式トンボ』。印刷会社によっては、国内基準のトンボでないと受付できない場合もあるので、事前に「西洋式トンボのデータでも入稿可能でしょうか?」など確認しておくと安心です。

印刷注文してみよう!

印刷を注文するときは『ポスター印刷 A2サイズ 420×594mm』とサイズをよく確認して注文しましょう!

ポスター印刷を注文する

 

 

Canvaで他の印刷物を作ってみたい人はこちら

メニュー、DM、ポイントカードなど、飲食店向けの印刷物をもっと見たい!という方はこちらから!

飲食店向け印刷物

Canvaの詳しい使い方をおさらいしたい方はこちら

 

 

五色 ウェブスタッフ

株式会社五色のウェブ担当です。 主に印刷やデザインについての記事をお届けします。
Back to top button