Webデザイン

優れたUIデザイン(ユーザインターフェース)を作るために意識すべき、たった1つの原則

私たちが日常的に利用しているスマートフォンのアプリやWebサイト。普段、たくさんのUIデザインに触れていることになるのですが、一体優れたUIデザインとはどういったものなのか疑問もまだまだ多いのではないでしょうか。今回はそんなUIデザインについて見ていきます。

1、優れたUIデザインの共通点

デザインのラフ画

早速ではありますが、優れたUIに共通することは何だと思いますか? それぞれにいろんな意見もあるかと思いますが結論は、「ユーザーに考えさせない」ということです。

UIをデザインする際にはユーザーのやりたいことを予測し、そのサポートをする必要があります。UIデザインにおいて大切なことはユーザーに「考えさせない」こと。つまり使い易いデザインである必要があります。

コンテンツや画像、ボタンが多過ぎてはユーザーが混乱します。それではユーザーが画面上で迷子になってしまいます。

UIを良くする為には、ユーザーの行動を予測し、その一歩先を作り上げていく必要があります。

2、具体的に何を学ぶのか

アップル製品でuiデザインでは、実際にユーザーに「考えさせない」デザインに近くためにはどうすれば良いか。具体的な方法を見ていきましょう。まず最初の一歩は「デザインの4大原則」を学ぶことから始まるのではないでしょうか。

1近接

同じ種類の要素を近くに配置することで心理的に同じグループだと認識します。

2整列

それぞれの要素を整列させ整えることでスムーズに情報を取得することができます。

3強弱

情報の重要度によってデザインの強弱を調整することで、ユーザーにより大切なことが伝わるようになります。

4反復

同じデザインを反復することにより、一貫性が生まれます。

となります。「デザインの4大原則」を学ぶだけでもより良いUIデザインに近くことができます。

3、最後に

uiデザインとライフスタイルスマホ疲れと言われるような言葉もあるように、人は想像以上にインターネットを利用することが疲れが出てしまいます。今後、UIデザインの存在は重要になってきます。少しでもユーザー思いのデザインが増えると良いですね。.

Back to top button