Webデザイン

未経験や独学でも就職できる?webデザイナーの仕事とは?

WEBデザイナーに実際に未経験でも就職できるのでしょうか。将来性はあるのでしょうか。WEBデザイナーを学ぶ前に事前にその情報はある程度把握しておきたいですよね。本日はそんな疑問について見ていきます!

未経験や独学でも就職できる?webデザイナーの仕事とは?

結論から申し上げますと、
未経験や独学でも就職できます!

では、そもそもWEBデザイナーとはどんなお仕事なのか見ていきたいと思います。

WEBデザインの仕事とは

WEBデザインの画像

WEBデザインの仕事は、WEBサイトのデザインを主に行う仕事です。お客様から要望を伺いデザインの構成からレイアウトまで一貫して行います。

また、それだけでは無くHTMLやCSSを使ってサイト実際に動くようにコーディングしていきます。大規模なサイトになってくるとデザインとコーディングを分担して行うこともありますが、WEBデザイナーとして活動して行くのであればデザインからコーディングまで出来る方が良いとされています。

WEBデザイナーの働き方

WEBデザイナーの働き方は3つあります。

1)インハウスデザイナー
WEBデザイナーの画像

インハウスデザイナーとは、企業に就職し社内の自社サイトのデザインを担当するWEBデザイナーのことです。メリットとしては、一つのサイトを長期的な視点で一つのブランドとして育てて行くことができます。その業界の知識が自然と身に付き深く理解することができます。

2)広告代理店・制作会社
WEBデザイナーの画像

2つ目は広告代理店や制会社でWEBデザイナーとして就職する働き方です。様々なクライアントのWEBサイトを制作することになり、それぞれの案件に合わせたアイディアや技術が必要となるので、幅広い知識や技術を身に付けたい人にはおすすめです。

3)フリーランス
フリーランスイメージ画像

3つ目は、独立してフリーランスとして仕事をしていく方法です。自分のやり方次第では自由には働き方をコントロールできます。自分で実際にクライアントを見つける方法もあれば、クラウドソーシングなどで案件を探して獲得していく方法もあります。

将来性、これからの働き方

働き方のイメージ画像

結論から申し上げますと、WEBデザイナーの将来性は高いと言えます。今では何かビジネスをはじめる時やお店の宣伝をする時にはWEBサイトがあることが当たり前の時代になっています。

今まではデザインソフトを使えたり、WEBサイトのパーツを作ることをできる人がWEBデザイナーとして活躍できました。現在は素人でもWEBデザインを作れるサービスがたくさん出てきており飲食店を経営するオーナーが自分でサイトを作って運営しているということも珍しくありません。

では、どんなWEBデザイナーが必要とされるのでしょうか。

WEBサイトを作る上で大切なことはクライアントが達成したい内容を理解して、サイトを作成できるWEBデザイナーが重要となっていきます。

つまり作成前のクライアントの要望、問題点を聞き出しそれらをWEBサイトを通して解決していける力が必要となっています。

ユーザー目線に立ってサイトを作成できるUI/UXデザインや集客率をあげるためのSEOやマーケティングの知識があると将来性の高いWEBデザイナーなれるのではないでしょうか。

最後に

働き方のイメージ画像今は働き方を選べる時代になりました。
一つの企業に就職し定年まで勤めるというような働き方は減りました。
自分次第でライフスタイルをデザインできる時代になりました。ぜひ、みなさんもライフプランを立て自分にあった働き方を見つけて下さいね。

Back to top button