印刷デザイン

オンデマンド印刷とは?メリット・デメリット、印刷方法に迷ったら?

ネットプリント等でよく目にするオンデマンド印刷とは一体どういったものでしょうか?
この記事では

「オンデマンド印刷って?」
「オンデマンド印刷のメリット・デメリットを知りたい」
「オンデマンド印刷かオフセット印刷かで迷っているときはどうしたらいい?」

このような疑問におこたえしています。
オンデマンド印刷について知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

オンデマンド印刷とは?

オンデマンド印刷は、業務用の高性能なレーザープリンターやインクジェットプリンターを用いて印刷されています。
従来の印刷方法(オフセット印刷)では版を作る作業が必要でしたが、オンデマンド印刷は製版作業がいりません。
デジタルデータを直接オンデマンドの機械に送って印刷することが可能です。そのため、要求に応じて必要な枚数を印刷できるのでオンデマンド(On demand=要求に応じて、要求があり次第)印刷という名がついています。

オンデマンド印刷のメリット

オンデマンド印刷のメリットをご紹介します。

・小ロットでも単価が安い
・短納期に対応
・製版作業がいらない

先述のとおりオンデマンド印刷は版を必要としないので製版代がかかりません。
オフセット印刷の場合、仮に製版代が10万円だとすると1枚刷ろうが100枚刷ろうが10万円の製版代がかかります。それがオンデマンド印刷ならば、1枚なら1枚分の値段、100枚ならば100枚分の値段になるので小ロットでも低価格が実現するのです。

また、オフセット印刷は印刷後にインクを乾かす時間が必要ですが、オンデマンド印刷は速乾性のあるトナーインクを使用している場合が多いので、工程を簡略化することができます。
上記のことから、オンデマンド印刷は小ロットでも安価で、短納期に対応できるというメリットがあることがわかります。

オンデマンド印刷のデメリット

オンデマンド印刷のデメリットをご紹介します。

・大ロットになると1枚あたりのコストが高くなる
・特色に対応していない
・使用できる用紙の種類が限られている

先ほどオンデマンド印刷は小ロットでも単価が安いと申しましたが、これが大ロットになるとオフセット印刷の方が安くなる場合があります。その分岐点は印刷物や部数、印刷会社によっても異なるため各社の見積もりを取って検討する必要があります。

「特色(とくしょく)」とは特別に調合したインクのことす。オフセット印刷は、通常シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色のインクを使って印刷しますが、お客様から指定された色がCMYKの4色では表現しきれないことがあります。(鮮やかな蛍光色やメタリックカラーなど)そういう時に特色を使います。

しかし、オンデマンド印刷はセットされたトナーを使っての印刷になりますので、特色を使うということができません。CMYKで表現することになります。

また、オンデマンド印刷では使用できる用紙の種類が限られています。
極端に薄い紙や厚い紙、デコボコした紙は一般的に苦手です。これは各社導入の機械によって得意不得意が異なりますので、気になった時は印刷会社に問い合わせてご確認ください。

オンデマンド印刷かオフセット印刷かで迷っているときは

オンデマンド印刷かオフセット印刷かで迷っているときは

オンデマンド印刷かオフセット印刷かで迷っているときは、複数の印刷会社に相談の上、オンデマンド印刷・オフセット印刷両方の見積もりを取って比較検討することをおすすめします。

なぜならオンデマンド印刷、オフセット印刷それぞれにメリット・デメリットがあり、印刷物の目的や部数、予算、納期などの条件で最適な印刷方法が変わってくるからです。

導入されている機械は印刷会社ごとに異なるので、当然仕上がり方も違ってきます。仕上がりイメージなど細かい点を伝え、複数の印刷会社を比較検討することが、オンデマンド印刷かオフセット印刷かで迷った時にするべきことといえるでしょう。

まとめ

以上、オンデマンド印刷について印刷方法やメリット・デメリット、オフセット印刷と迷った時にどうしたらいいかをご紹介しました。

・オンデマンド印刷は高性能のレーザープリンターやインクジェットプリンターで行われる
・小ロットでも低価格で、短納期が可能
・使用できる用紙の種類に限りがあり、特色印刷はできない
・オフセット印刷と迷ったときは、複数の印刷会社に相談の上両方の見積もりを取って比較する

こういった点について詳しく解説しましたがいかがでしたか?
この記事がオンデマンド印刷について知りたい方のお役に立てれば幸いです。

このメディアの運営をしている印刷会社ベストプリントについてもっと知りたい方へ

Yoshimoto

アジフライの聖地在住。山と海に囲まれながら育児しつつリモートワークしています。印刷やデザインについて、わかりやすい記事をお届けいたします。
Back to top button